日頃の生活をチェックしてみよう!適応障害のタイプについて

もしかしたら?と思った時の簡易チェック
このエントリーをはてなブックマークに追加

無理な生活はよくない

カウンセリング

自分の体であって原因のわからない病気が世の中にはあるわけですが、そのひとつに適応障害があげられます。自身でコントロールができず、辛い毎日を過ごさなければならない状態に陥ります。 適応障害は、心療内科でストレスチェックを受けて受診すれば早い解決が望めます。

もっと読む

専門医で行う治療方法

悩むレディ

適応障害はストレス社会の現代において誰にでも起こりうる文明病です。ストレスに反応して心身にさまざまな不調が起こるのが特徴で、適応障害が疑われる場合にはすみやかに精神科や心療内科でチェックすることが大切です。総合的に診断をして、薬物療法や心理療法などの中から最適な治療が行われます。

もっと読む

現代社会での精神疾患

ドクター

うつ病に発展してしまう可能性がある適応障害の患者は、約100万人とも言われており、見た目で発症しているか判断するのは困難です。そのため、どのような症状があるのかチェックしておくことが大切です。内服薬を服用したり、ストレスを発散させたりして症状を改善させていきましょう。

もっと読む

社会にうまく適応できない

問診票

うつ病や双極性障害に発展する可能性のある適応障害は、医療機関で診療やストレスチェックを受けることができます。そこではまずカウンセリングを行い、患者の生活環境を整えたり、薬物療法などが行なわれます。また、患者の家族は本人のストレスを軽減させるための努力をすることができます。

もっと読む

原因がはっきりしています

看護師

症状を分類します

適応障害かどうかをチェックする方法があります。それは、症状を分類してチェックする方法で、簡単にできるため、人気があります。適応障害の症状は、おもに、うつ状態や不安です。落ち込んだ気分が続いて、興味や関心が薄れてしまいます。また、めまいや不眠、頭痛など、体に異変が現れます。さらには、これからやっていけるかどうかが気になって、落ち着かなくなるといった症状も強くなっていきます。そのような状態から抜け出そうとして、無理にがんばろうとすると、症状が軽くなるどころか、ますます重くなってしまいます。このような症状は、その人の状態や環境によってさまざまです。適応障害であるかどうかをチェックするためには、まず、新しい環境に合わせようとしてストレスを感じているかどうかを確認します。ストレスを感じている場合は、次に、症状を把握します。適応障害は、症状によって、4つのタイプに分けられます。1つは、不安な気分が強いタイプ、2つ目は、うつ状態が目立つタイプ、そして3つ目は、行動が乱れるタイプ、4つ目は、不安、うつ、行動の乱れが混合したタイプです。これらの状態が当てはまる場合は、適応障害である可能性があります。精神科や心療内科を受診するようにします。人は誰でも気持ちが落ち込んだり、今後の暮らしを不安に思ったりします。しかし、その状態が強い場合には、適応障害の可能性もあります。症状をチェックすることで、病気が判明することもあるので、日頃から気にかけるようにします。

家族にも気を配ります

適応障害は、気分障害や不安障害と似た病気です。気分障害とは、憂うつな気持ちや気分が高揚した状態が2週間以上続いたときのことをいいます。うつ病や躁うつ病などが含まれます。また、不安障害とは、不安が強すぎて日常の生活を送ることが難しい状態をいいます。パニック障害や強迫性障害などが含まれます。適応障害が、これらの病気と異なるところは、病気を発症するきっかけとなったストレス、つまり原因がはっきりわかるというところです。きっかけとなるストレスは、例えば、離婚です。結婚して一緒に暮らしてきた人と別れることで、生活が劇的に変化します。すると新しい生活に慣れようと努力しますが、このときに頑張りすぎてしまうと、体や心に異常が現れます。症状が現れるのは、環境が変化した時期から3か月以内といわれています。また、離婚する際にお子さんがいた場合には、お子さんに症状が現れることもあります。お子さんが幼児の場合には、おねしょをしたり、赤ちゃんことばを使ったりといった症状が現れます。このような場合には、ご自身のみならず、他の家族の心身の状態もチェックすることが大切です。また、きっかけとなったストレスから解放されれば、半年ほどで症状がなくなることが多いです。